滋賀弁護士会について

2018年度会長ごあいさつ

平素は、皆様より当会の活動に格別のご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。


平成30年度滋賀弁護士会会長に就任しました片山聡と申します。 本年度の任期である平成30年4月1日から平成31年3月31日までの1年間、3名の副会長(森野有香、相馬宏行、竹内雅和)共々よろしくお願いいたします。


弁護士法は、「基本的人権の擁護」及び「社会正義の実現」を弁護士の使命と定めています。 そして、弁護士会は、このような弁護士の使命及び職務にかんがみ、その品位を保持し、弁護士の事務の改善進歩を図るため、弁護士の指導、連絡及び監督に関する事務を行うことを目的としています。 滋賀弁護士会は、滋賀県下の弁護士全てが所属する強制加入団体であり、「市民・県民と歩む弁護士会」をスローガンとして、各種法律相談や委員会活動等に取り組んできました。 当会は、今後もこのスローガンを掲げながら、皆様に様々な情報を発信し、またご意見なども頂戴しつつ、皆様に信頼される身近な弁護士会を目指していきたいと考えています。


ところで、近年当会の会員数は大幅に増加し、現在は154名(男性121名、女性33名)となりました(平成30年4月1日現在)。 また、法律事務所の数も増え、10年ほど前は大津地方裁判所本庁・支部所在地を中心に偏在していましたが、現在では多様な地域に広く開設されています。当ホームページの「弁護士一覧」ページをご覧いただければ、多くの場合お近くの弁護士を探していただけるのではないでしょうか。 県民の皆様、県内事業者の皆様、また、各自治体・公共団体の皆様におかれましては、ぜひ当会及び当会所属弁護士をご活用いただきたく、よろしくお願いいたします。

2018(平成30)年4月1日
滋賀弁護士会会長 片山聡