各委員会の活動

両性の平等に関する委員会

1.両性の平等に関する委員会とは

「両性の平等に関する委員会」は、男女差別をなくし、誰もが性別に関わらず自分の能力を発揮して、生き生きと活躍できる社会を目指して活動しています。

仕事、家庭、政治、その他様々な社会活動において、男女が社会の対等な構成員としてその能力を発揮し、責任を果たす社会(「男女共同参画社会」といわれます)の実現は、法律により、二十一世紀の我が国社会を決定する最重要課題と位置付けられています。

当委員会では、性別による差別の撤廃や、女性の権利に関する問題について、勉強会や研修を行ったり、法改正に向けた提言を行うなどの活動をしています。

2.具体的な活動内容

① 女性の権利110番、女性弁護士による法律相談事業

セクハラやストーカー、DVなどの女性の問題に関して、毎年1回、女性の権利110番として無料の電話相談を実施しています。

また、市役所や母子福祉施設等の要請を受けて、女性弁護士による法律相談を実施しています。

② DV被害への対応の強化

関係の機関と連携強化を図り、DV被害者に対し早期に必要な法的援助が行えるように、「DV対応弁護士名簿」を備えました。

配偶者暴力相談センター等からの紹介依頼に対して、DV事案の経験が豊かな弁護士を紹介しています。

③ 会内の男女共同参画の実現

滋賀弁護士会は、全国の弁護士会の中でも女性弁護士の比率がとても高い弁護士会です。

会内での男女共同参画やワークライフバランスの実現に向けて、取り組みを進めています。

例えば、弁護士の産休期間や、育児期間中の単位会の会費免除についても、日弁連の会費免除に先駆けて規定が制定され、実施されています。

④ 滋賀弁護士会のセクハラ防止に関する規則の制定、セクハラ相談窓口の設置

当会の会員によるセクハラや、会の活動、会員の職務に関するセクハラを防止する為に、上記規則が制定され、平成20年5月7日から施行されています。

上記の規則に基づいて、滋賀弁護士会にセクハラに関する相談窓口が設けられていますので、会員からセクハラを受けた場合、相談することができます(詳しくはこちらをご覧下さい)。

また、上記規則に基づき、毎年、会員に対してセクハラ防止に関する研修を実施しています。

※※※市町村、学校、会社等で、セクハラやDVに関する研修をご希望の場合、講師を派遣します。まずは、滋賀弁護士会までお問い合せください。※※※