しがべん通信

架空請求にご注意

最近、債権回収業者を名乗る者から、利用した覚えがない有料サービスの利用料や架空の債権に基づく代金などを郵便や電子メール、電話により請求される事件が全国で多発しています。

架空請求をする者の中には、連絡しない場合は自宅や勤務先を訪問する、家族などから回収をする、など脅迫まがいの請求をする業者もいます。 また、最近では、法律事務所や実在の公的機関と酷似した組織名を名乗る業者もおり、その手口はますます巧妙化しています。

郵便やメールでの請求についての一番の対処法は、無視することです。 多くの業者は、何らかの名簿から無作為に請求しており、あなたの住所氏名又はメールアドレスしか知りません。 ですから、こちらから応答しない限り、いずれ請求は止まります。 なお、応答する場合でも電話番号などの個人情報を知られないように注意してください。

悪質な請求の場合は、最寄の弁護士会や消費生活センターに相談しましょう。 場合によっては、警察に届け出ることも必要です。

また、架空請求については、国民生活センターのページもご参照ください。