しがべん通信

筆界特定制度ができました

筆界とはなんですか

「筆界」とは、ある土地が登記された時にその土地の範囲を区画するものとして定められた線のことをいいます。 なお、「境界」という語は、所有権の範囲を画する線という意味で用いられることがあります。 その場合、「筆界」とは異なる概念となります。 「筆界」は所有権の範囲と一致することが多いのですが、一致しないこともあります。

ある土地の筆界を現地において特定することを筆界の特定といいます。

筆界特定制度とはなんですか?

筆界特定制度とは、土地の所有権の登記名義人等の申請に基づいて、筆界特定登記官が、土地の筆界の位置を特定する制度です。 この制度は、筆界特定登記官が調査の上登記された時に定められた筆界を明らかにするものであり、新たに筆界を決める制度ではありません。

この制度ができたことにより、境界確定訴訟のような訴訟を経ないで、土地の筆界の位置を特定してもらうことができるようになります(2006(平成18)年1月20日施行)。

筆界特定制度では、どのようにして特定されるのですか?

筆界調査委員という専門家が土地の実地調査等の調査を行った上で筆界に関する意見を筆界特定登記官に提出し、筆界特定登記官がその意見を踏まえて筆界を特定します。 筆界特定書は対象となった土地を管轄する登記所において公開され、また、筆界特定の対象となった土地の登記記録に筆界特定がされた旨が記録されます。

なお、筆界特定の申請ができるのは、土地の所有者として登記されている人及びその相続人などです。