しがべん通信

離婚時における厚生年金等の分割制度が始まります

年金分割制度とは何ですか

年金分割制度とは、平成19年4月1日以後に離婚等をした場合において、離婚等をした当事者間の合意や裁判手続により按分割合(婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録の夫婦の合計のうち、分割を受ける側の分割後の持ち分となる割合)を定めたときに、その当事者の一方からの請求によって、婚姻期間等の保険料納付記録を当事者間で分割することができる制度です。

平成19年4月から離婚時の厚生年金の分割制度が、平成20年4月から離婚時の第3号被保険者期間についての厚生年金の分割制度が、それぞれ導入されることになりました。

分割の対象となる年金は何ですか

分割の対象となるのは、厚生年金や共済年金の報酬比例部分に限られます。基礎年金や厚生年金基金の上乗せ給付や確定給付企業年金等の給付は含まれません。

具体的には、どうすればよいのですか

1.離婚時の厚生年金の分割制度について

離婚当事者は、協議により按分割合について合意した上で、社会保険事務所に厚生年金の分割請求を行うことになります。 もし、当事者間での合意がまとまらない場合には、離婚当事者の一方の求めにより、裁判手続(家事審判手続、家事調停手続、人事訴訟の手続)により按分割合を定めることができます。 按分割合の上限は50%であり、下限は分割を受ける側の分割前の持ち分にあたる割合になります。

なお、分割ができるのは、施行日(平成19年4月1日)以降に離婚が成立した場合ですが、施行日前の婚姻期間に係る厚生年金の保険料納付記録も分割の対象とすることができます。

2.離婚時の第3号被保険者期間についての厚生年金の分割制度について

平成20年4月1日以降の第3号被保険者期間については、離婚をした場合に、当事者の一方からの請求により、第2号被保険者の厚生年金の保険料納付記録を自動的に2分の1に分割することができます。

※制度の詳細については、最寄りの社会保険事務所等にてご確認下さい。