滋賀弁護士会個人情報保護に関する公表事項

開示等の請求方法、手続きについて

開示等の請求は、本会所定の書式により申請してください(開示等の請求書のダウンロード[PDFファイル:81KB])。

個人情報保護に関する法律第29条の規定により、所定書式以外での請求及び本人確認が出来ない場合は、請求に応じかねます。 申請の際には、本人確認のため下記の身分証明書をご用意下さい。

必要なもの

請求先、問合せ窓口

〒520-0051 大津市梅林1-3-3 滋賀弁護士会

窓口に来会された場合の本人確認

窓口での本人確認は、下記(1)〜(6)のいずれかの書類の原本を提示していただくことによって行います。 また、これらについては、証明書番号を控えさせていただきます。

  1. 運転免許証
  2. 旅券(パスポート)
  3. 各種年金手帳
  4. 各種福祉手帳
  5. 各種健康保険証
  6. 外国人登録証明書

なお、会員の場合は、記章または日弁連発行身分証明書の提示で足りるとします。

郵送による場合の本人確認(2回目以降)

本会は、初回の申込については、郵送による申込は受け付けませんので、ご了承下さい。必ず1回は、当会窓口にて本人確認させていただきます。

2回目以降は、郵送の申込も認めています。但し、初回の申込の際、2回目以降について郵送を希望されることを記載して下さい。 1年間のみ有効とさせていただきます。

郵送による場合、次のいずれかの方法により、本人確認を行います。

  1. 下記(1)〜(7)のいずれかの書類の複写(コピー)に加え、水道局または電話会社(固定電話に限る)、ガス会社、電力会社のいずれかが発行する請求書または領収書の原本を添付していただく方法
    1. 運転免許証
    2. 旅券(パスポート)
    3. 各種年金手帳
    4. 各種福祉手帳
    5. 各種健康保険証
    6. 外国人登録証明書
    7. 取引に実印を使用する場合の当該実印の印鑑登録証明書
  2. 下記(8)〜(13)のいずれかの書類の原本に加え、水道局又は電話会社(固定電話に限る)、ガス会社、電力会社のいずれかが発行する請求書または領収書の原本を添付していただく方法
    1. 住民票の写し
    2. 住民票の記載事項証明書
    3. 印鑑登録証明書
    4. 戸籍謄本・抄本(戸籍の附票の写しが添付されているもの)
    5. 外国人登録原票の写
    6. 外国人登録原票の記載事項証明書
    7. その他官公署が発行する証明書、他住所・氏名の記載のあるもの

代理人による開示等請求

開示等の請求は、代理人が行うこともできます。代理人が行う場合は、

  1. 本人の身分証明書の写し
  2. 代理人の身分証明書の提示
  3. 代理人であることの証明書(委任状、法定代理人としての疎明資料)

が必要です。

代理人による開示等請求の場合(但し法定代理人を除く)、後日、当会より本人に対して、電話にて開示等の請求の意思の確認をさせていただく場合もあります。 もし、本人の意思確認ができない場合には、その旨を申請名義人に対してご連絡致します。

開示又は利用目的の通知のための手数料

手数料
送料

実費(配達証明郵便)
※窓口での受け渡しの際は無料。但し受領書にご署名いただきます。

支払い方法

現金又は現金書留