行事予定

子どもの貧困を考える〜保育園が果たすべき役割〜

日時

2012(平成24)年1月21日(土曜) 午後1時半〜4時半(開場:午後1時)

場所

草津まちづくりセンター301,302号室(草津市西大路町9-6
(JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩約200m。)

TEL:077-562-9240

※駐車場がわずかしかありません(うち1台は障害者の方用)。できるだけ公共交通機関でお越しください。

参加費

無料

プログラム

講演

埋橋玲子氏(同志社女子大学教授)「真に子どものための保育とは何か―保育の質を守るために」

いま、すべての子どもが保育を受けられるようにと、待機児童を0にする取り組みが始まっています。 貧困家庭にある子どもにも、よりよい保育が提供されることで、さまざまな問題が解決されるかもしれません。 真に子どものための保育とは何かを考え、私たち市民が保育の水準を守るためにできることを学びます。

パネルディスカッション

「子どもの貧困を考えるー保育園の果たすべき役割」

パネリスト:

コーディネーター:

当日保育

当日は無料で保育を行います。ご希望の方は1月13日までに滋賀弁護士会の電話(TEL:077-522-2013)へお申込みください。

主催

滋賀弁護士会(TEL:077-522-2013)

共催

日本弁護士連合会

パンフレット

「子どもの貧困を考える」パンフレット(PDFファイル)