行事予定

滋賀弁護士会市民学習会「新安保法制は世界の平和に役立つか」〜シリア・イラク・アフガンの現実から〜

昨年9月に強行採決で成立した「新安保法制」。問題は,集団的自衛権の行使を可能にしたことだけではありません。新安保法制の下では,国連が統括しない「有志連合」のような活動にも自衛隊が参加したり,他国の軍隊に対して弾薬の供給を行ったりすることも可能になります。正当防衛のためだけでなく,任務遂行のために武器を使用することもできるようになります。自衛隊が,海外で武力を行使する危険性が飛躍的に高まるのです。

このようにして,自衛隊が活動の領域を広げることが,果たして現地の平和に貢献することになるのでしょうか。

中東での取材活動に精力的に取り組んでいる,フリージャーナリストの西谷文和さんをお招きして,自衛隊の海外での活動のあり方について考えます。

日時

2016(平成28)年3月30日(水曜)18:10-20:00

場所

滋賀弁護士会館4階大会議室
大津市梅林1丁目3-3 (アルプラザ大津北東側)

講師

西谷文和氏

お問い合せ

滋賀弁護士会(TEL:077-522-2013)

主催

滋賀弁護士会